×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


2009/04/25 初田悦子ミニライブ@イオンモール成田
ライブレポート

--------------------------------------------
2009/04/25 初田悦子ミニライブ セットリスト
Place: イオンモール成田 1Fガーデンコート

1st stage (14:00-14:30)
きみのママより
翳りゆく部屋
MOTHER
きみのママより

2nd stage (16:00-16:30)
きみのママより
Open Arms
MOTHER
きみのママより
--------------------------------------------

ワタクシ東ヰンドにとって初となるアーティストのライブであった。
こんな思いがけないチャンスが初田悦子ファンになってわずか1ヶ月で訪れてしまうとは!!
しかも、な、成田!?
キャンペーンするなら都内とか別のロケーションもあるのでは?なぜそこで!?
まぁこちらとしてはかえってうれしいけど!


このHPをご覧になっている方々の中にはご存知ない方もいると思うので、念のため成田について説明しておこう。

成田、と聞けば誰もがまず連想するのは空港。
それは、初田さんのブログ“ぼんじゅーるぼんのう。”の2009/04/25付“歌って来たよ〜d(^O^)b”でも語られているし、
全国的にも有名だし、まぁ想像に難くないところだと思うのね。
「空港もあるし、東京からも近いんだからそれなりに栄えているんでしょ?」と思ったアナタ。


いやいやそれは甘い。


よくよく考えてみれば
空港がある≒空港が建てられる土地がある≒未開発の土地が残っている
ということである。

ワタクシ東ヰンドは同じく千葉県(野田市)在住であるが、その目から見ても成田は辺境。
はっきり言って名前しか知らない。何があるのか、どのくらい繁栄しているのか想像もつかない場所なのである。

(成田近郊在住の方々にとってはもしかしたら不愉快かもしれないが、
くれぐれも気を悪くしないでいただきたい。別に悪意があってこのような説明をしているわけではないので。)


と、いうことで…
もちろんイオンモール成田に行くことなど初めてだったワタクシにとって、
そのライブ会場がどんなところなのか、それはもうひとつの楽しみだった。


実際のところ、イオンモール成田は、いろんなお店が入ってるショッピングモールであった。
詳細はこちら
もっとジャスコジャスコしているのかと思っていたのに(笑)
思っていた以上に新しい、広い、店の数が多い。
なるほど、路線バスでは15分近くもかかるにもかかわらず、
成田駅のバスターミナル停でバス待ちの人がたくさんいるわけだ。

降り続く雨の中、イオンモール成田に到着。 降りたバス停のすぐ近くにある入り口からモール内に入ると
至る所に“初田悦子ミニライブ”の貼り紙があった。うわ〜気持ちが高まる〜。わくわくする〜。
「早く行かないといい席が埋まっちゃう。急げ〜」とばかりにダッシュしようと思ったが、
「1Fガーデンコートってどこにあるんだろう?」という疑問。
「まぁいいや。もう少し進んでいけば見つかるだろう」と安易な気持ちで歩き始めたら、
その5秒後にガーデンコートに到着。アハハ(^o^)

ガーデンコートっていうのは、エスカレーターがあってちょうど吹き抜けになっているところの1Fに設けられたスペース。
野田市在住の人ならジャスコノア店の「時計の広場」を想像してくれると最もわかりやすいと思う。
(ってHPでこんなピンポイントな説明する自分もどうなんだろうか・・・)
周りはレストラン街になっていた。(※1)

ガーデンコート周辺の見取り図


さてライブ開始約40分前の13:20ごろにはガーデンコートに到着。
すでにステージはセットされていた。
ライブ用に設けられた座席は36席あって、すでに座っている人もちらほらいたが、そもそもそこはフリースペース。
どのくらいの人が初田悦子ライブ目当てで座っているかわからなかった。

舞台に向かってちょっと右、一番前の列の椅子に座して、しばしライブの開始を待つ。
後ろから聞こえてくる女性の会話を恐縮ながら聞かせていただくと・・・フムフム。
なるほど、2枚目の『きみのママより』購入がサイン会参加の条件なので、買うかどうかで悩んでいる、と。
この人は明らかに初田悦子ファンね。
あ〜、でもうれしいなぁ。自分以外にも初田悦子ファンがいるんだってことがわかって。


それにしても近い。ステージが。目測によると・・・うひゃー5mしかないじゃん。
ステージが間近ということは初田さんが間近で歌うということではないか。


なーんて思っていたら・・・13:45ごろ、早くも初田さん登場!
何〜!リハーサルだって〜!!
待ってください、まだ心の準備が出来ておりませぬ〜!(笑)

5m先に初田さんがいるなんて、信じられない!まったく信じられない!!

リハーサルは本番で歌うことになる3曲を歌っていたが、各曲1コーラスだけ歌って終了。
知らなかったわ。リハーサルといえどもこんなに本格的に歌うのね。
・・・あぁ、早くもうっとりしてしまった。
『きみのママより』、なんていい歌なんだろう。

「初めまして〜初田悦子です〜。14:00からここでミニライブやります。ぜひ聴いていってください」

優しいトーンでPR。まるで自分に語りかけてくれているようだった。

当日のサイン会兼握手会に参加するため、もちろん即断即決で2枚目の『きみのママより』をライブ前に購入。
この流れで来て参加しないきゃ東ヰンドの名が廃るというものである。
ちなみに、他にも8人くらいの人がライブ前にCDを購入していた。


そして14:00からいよいよ初田悦子ミニライブ本番。
『きみのママより』『翳りゆく部屋』『MOTHER』の順で初田さんが熱唱。

歌手の歌を生で聴くのって、初めてだったんだよね。
こんなに素晴らしいとは思わなかったゼ。
それにしても初田さん歌うますぎる。
CDで聴くのとやっぱり全然違うわ。感動だ〜。

個人的には、3曲の中では『きみのママより』がやっぱり一番よかった。

3曲歌い終えたところで、トークに入る。
歌スタ!!をきっかけに30歳でデビューしたこと、お嬢さんのこと、
『きみのママより』の歌詞はすべて実話に基づいたものであることなど、
司会の男性の質問に初田さんが答える形でトークは進行。
初田さんの歌ってる時の声とトークの声のトーンがだいぶ違うのと、時折混ざる関西弁がまた新鮮でExcellent!

トークの後、最後にもう一度『きみのママより』を歌ってミニライブ1st stageは終了。


さあ、いよいよサイン会兼握手会、早速ダーッシュ!

というのも大人気ないので、そこは落ち着いてゆっくりと列の後方に並ぶ。
両手を開けておきたかったので、あらかじめ傘を近くのテーブルに置きざってくるという準備のよさ(?)


あっという間に自分の番が来て…うひゃー。

「感動です。」←何言ってるんだおいらは。
「ありがとうございます〜」
「いつも初田さんのブログとかWebsiteとかも見てます。メッセージを送ったこともあるんですよ」(※2)
「え〜ほんとですか〜!?なんてお名前…?」
「ひ、東ヰンドの奇跡の賢者と申します」
「あ〜!見てますよ〜。変な名前だな〜って思いながら・・・(^o^)」

うっひぇー。あの初田さんがおいらのメッセージを見てるって言ってくれた。
覚えてくれてるんだ…うれしい。ホントにうれしい〜。


「これからもメッセージ送ってくださいね〜」

この会話はきっと一生記憶に残るだろうな。

初田さん、ジャケットの写真とだいぶ印象が違うように感じた。

さて、当初の考えでは、1st stageだけ聴いたら帰ろうかな、と思っていたんだが、
前述のように思っていた以上にショッピングモールが充実していて、散策していたら
1st stageと2nd stageの合間の時間はあっという間に過ぎ去っていた。
せっかくなので2nd stageも聴いていくことに。
今度は雰囲気を変えて2階から見てみよう、と。
(このライブ会場は吹き抜けになっていたので、2階からも見ることができたし、そういう人もたくさんいた)

そしたら…
なんと1st stageとセットリストが違った。(セットリストは上記参照)
よかった〜!2nd stageも聴いて大正解。
『Open Arms』うまいわ〜。偉大だわ〜。
そりゃ外国人も認めるわ〜。(※3)


こうして、夢のような1日は過ぎていったのでした。

やっぱりライブに来ている人は子連れのママさんが多かった。
男性が聴いても共感できるところがたくさんあると思うけどね。


わざわざ大阪から初田さんを呼んで、こんなグッドタイミングでライブを催してくれた
イオンモール成田内のCDショップWAVEさんに感謝!


以上、4/25初田悦子ミニライブレポートでございました。

記念写真集

↑お店の告知看板

↑初田さんのサイン。東ヰンドの家宝その1

↑リハーサル風景

↑はサイン会&握手会のときの初田さん

(※1)ライブ会場目の前の中華料理屋は窓がなく、食事をしながらライブに見入る客がたくさんいたのが見えた。
(※2)メッセージ(と言っても宇徳敬子の8thシングルではない)を送ったのは4/21だったので、この時点ではメッセージを送ったばかりだった。
(※3)このときのライブは成田という土地柄もあってか、結構な数の外国人がライブ会場(初田さんから見て左前方のあたり)にいた;このことは「ぼんじゅーるぼんのう。」でも書かれている。

へ戻る